今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

ブックオフオンラインでお得な小説情報のすすめ:500円引きクーポンもあり!

ノンカテゴリ

ブックオフオンラインでお得な小説情報のすすめ:500円引きクーポンもあり!
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

最近お得な小説の情報をまとめました。お好きな小説があったら、いち早くマークしてね!ブックオフオンライン限定クーポンキャンペーンは8月9日までです。コミック10点以上ご購入で200円引き!クーポンコード:SS1808QF4Aコミック20点以上ご購入で500円引き!クーポンコード:SS1808KXVA

1. 「鹿男あをによし」 著者:万城目学 中古価格:198円(税込) 定価より1422円お得!新品価格: 1620円



参考レビュー:

①10年前に出版された本だった。ザッピングしているときにドラマをちらと見た覚えがある。序盤、単なる坊っちゃんの焼き増し作品かと思いながら読み進めていったが、ファンタジーだった。寺社仏閣がそれなりに好きな自分にはそれなりに面白かった。展開も分かりやすくて、娯楽文学らしい、気楽に読める作品だった。前から『鴨川ホルモー』も気になっていたので、この作者の別作品も読んでみるかも。

②3作目を読む。主人公が大学院の研究室をとある理由で離れ、女子高に赴任してから巻き起こる喜劇。何故鹿男なのか、その理由が面白い上、奇想天外なストーリーだけど何かゆったりとした時間の流れを感じさせ懐かしさも同居した作品。個人的には万城目学さんの作品の中では一番好きかもしれない。笑いあり、感動あり、ほろ苦い恋愛ありと色々な要素を含みながら優しさも感じることができた。

➂落ちがいい。テレビで物語があった時、何で見るのをやめたのだろう。娘が奈良に住んでるので、いろいろな情景が浮かんでくる。一気に読んでしまった。鹿、鼠、狐。剣道の試合と、歴史が絶妙にリンクし、青春と恋までミックス。さすが。

2.「星の子」著者:今村夏子 中古価格:698円 定価より814円お得! 新品価格 1512円(税込)



参考レニュー:

①淡々と書いてあるけど、かなり重い内容。彼女が学校を逃げ場にしてる訳でもなく、逆にひどいいじめがある訳でもなく、普通に友達がいて生活して、それだけに家の様子が異常で際立つ。ラスト、両親はただ妄信からその場に引き留めたのか、死を求めているのか、読み手にその後を投げられたような気がする。

②この著者の本を初めて読んだけど、なんだろうこのスラスラ読める感じ、、題材がなのか、ちょっとドキドキ感があるからなのか。身内や好きな人が信じるものを、自分も信じられるか、という部分を突き詰めた本。描写は心惹かれるものがあったけど、最後をもう少しわかりやすくしてもいいのでは、、と。帯の見出しで結論を誘導してしまった感はあり少々残念。でも他の作品も読んでみたくなった。

➂新興宗教と家族の話。ラストの選択は単なる結末以上のものを感じてしまい、残酷で優しい余韻に考えさせられる作品でした。  主人公、林ちひろ。彼女の家族は新興宗教に入っていました。かつてちひろを救った水を信じている家族は彼女にとって普通の家族です。しかしクラスメートとの違いや親族の関係の中で、少しずつ他人との違いに気づいていくのです。  繊細な描写から描き出されていく相違点や疎外感は恐ろしく、その中でちひろは家族愛に揺れていきます。無垢ながら立ち向かう様子に、ちひろがどんな大人になるのか見たくなりました。

3.「恋歌」著者:朝井まかて中古価格:198円(税込)定価より1530円おトク!新品価格:1728円(税込)


参考レビュー:

①恋愛小説なのかなと軽い気持ちで考えで読み始めたが、恋歌という題名からは想像のつかないほど、壮絶で哀しい作品だった。今も昔も言葉を使って相手に自分の想いを伝えるが、散々に尽くした言葉よりも、命をかけて編み上げた三十一字の中にこそ想いは宿るのだという事を、幕末の人々は知っていたのだと思う。特に考えもなく、適当に言葉を選び、適当に相手に気持ちを伝えがちな現代にこそ、こんな時代があったことを朝井まかての名文で知るのはとても有意義だと感じた。幕末の水戸を生きる人々がそれぞれに想いを託した歌と共に、苛酷な環境を生き抜いた中島歌子の生涯から、切なさと勇気をもらいつつも、なんだか少し丁寧な暮らしをしたくなる秀逸な一冊。

②明治の歌人中村歌子の数奇な生涯が、歌子の手記の形で書かれている。単なる手記ではなく、奇なる小説として巧みに構成してある。▼歌子は江戸末期の裕福な宿屋の娘に生まれ、水戸藩士の林以徳に恋し、妻となる。江戸と全く違う質素な水戸の生活に慣れる間もなく、水戸藩の天狗党のお家騒動に巻き込まれ、投獄の日々に。▼歌子の明るい率直さ、一途な思いが見事に描かれているが、他の多くの登場人物も魅力的で、細部も大筋も面白い。短歌が効果的に使われ、登場人物の心情をよく現わしている。歌子の以徳を懐かしんで読む歌は心に残る。

➂幕末もので思った以上に難しい言葉が多く 歴史に疎い私には中盤までなかなか読み進められなかったが主人公が牢屋に閉じ込められてからが壮絶で処刑されていく人たちの辞世の句は本当に深く、涙なしでは読めなかった。あと、ラストも素晴らしかった。

関連サイト:https://www.savings.co.jp/store/bookoffonline.co.jp

Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
1
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

ピックアップ!

ピックアップ!

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

カテゴリー

月別アーカイブ

人気記事ランキング

誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!